旅行

フェロー諸島への行き方や気候、準備する持ち物や服装は?グルメ・イベント情報まとめ

voyage

街並みも素敵だし、お洒落なブランドが多いし、福祉が充実しているし・・・と、日本人の北欧諸国へのイメージはとにかく良いですね(^^)

そんな北欧に、最後の秘境と言われる自然豊かなフェロー諸島があります。

今回は、「フェロー諸島」の魅力についてご紹介しましょう。

1分でわかる「フェロー諸島」の概要

フェロー諸島はデンマークとアイスランドの中間に位置し、18もの島々から成り立っています。

デンマーク領に含まれますが自治領で、面積は1400㎢と沖縄と宮古島を足したくらいの広さです。

全人口約5万人のうち約1万9千人が首都・トースハウンに住んでいます。

捕鯨や伝統的なダンスなど伝統文化が今でも息づき、島民たちはフェロー語という独自の言語を公用語として守り続けています。

このフェロー語は、ヴァイキングが話していたノース語にルーツを持ちます。

ヴァイキングの文化が今なお残っているなんて、とってもロマンを感じますね!

フェロー諸島の主な観光名所まとめ

ストレイモイ島(Streymoy)

首都・トースハウン(Tórshavn)を抱えるフェロー諸島最大の島です。「トース」とは、アメコミ『マイティ・ソー』でお馴染みの北欧神話の雷神「トール」のことで、「トースハウン」は「トールの港」という意味があります。

黒タールの木材、白い窓枠、芝生に覆われた屋根・・・一度見たら忘れられない印象的な風貌の家々が連なります。

これは、中世から続く伝統的なフェロー諸島の家屋です。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par ➳ һ є ʟ ѧ ı ṅ є ☽☼✩ (@helaine_) le

トースハウンにほど近いキルクシュボア  (Kirkjubøur)は歴史的に重要な町で、中世には宗教の中心でした。かつての面影を残す大聖堂跡は人気の観光スポットです。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par @cresgram le

エストゥロイ島(Eysturoy)

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Basti Gras (@bastito.gras) le


エストゥロイ島のジョグヴ村は人口50人と小さな町ですが観光スポットとして有名で、自然が作り出した美しい入り江や港に目が奪われます。

今にもヴァイキングたちが舟に乗って現れそうな雰囲気ですね。

さらに、エストロイ島にはフェロー諸島最高峰、標高880mの「スラッタラティンドル山」があります。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Nina Kristiansen (@fruen_nina) le


スラッタラティンドル山はなだらかで登りやすいので、登山初心者でも気軽にチャレンジできます。

妖精やエルフが潜んでいそうな神秘的な雰囲気です。

ミキネス島(Mykines)

ミキネス島はフェロー諸島の最西に位置し、フェリーに乗って上陸します。

島内には、フェロー諸島名物の芝生に覆われた屋根が印象的な家屋が立ち並んでいます。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Wil (@wilbotzzz) le

村から岬までのハイキングコースは、美しい自然を存分に楽しめるのでおすすめです。

崖の上にぽつんと立つ灯台がとても素敵ですね!

私は灯台が大好きなので、個人的にはぜひとも行ってみたいスポットです。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par 🇫🇴nordic.faroe.islands🇫🇴 (@nordic.faroe.islands) le

5月1日から8月31日にかけてミキネス島でハイキングを楽しむ場合、有料になります(100デンマーク・クローネ、約1,700円)

集められたお金は、野鳥や自然保護に使われるそう。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Steffan van de Sluis (@steffanvandesluis) le

オレンジと黒のカラーリングが目を引く「ニシツノメドリ」。

ここは鳥たちの楽園です。

ミキネス島へ向かうフェリーの予約はこちら:mykines.fo.

スヴロイ島(Suðuroy)

スヴロイ島にある470mの高さの崖「Beinisvord」はポピュラーな観光スポットで、フェロー諸島文学のモチーフとしても人気があります。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par David Noti (@notidavid) le

フェロー諸島への行き方

フェロー諸島へ行くには、飛行機またはフェリーを利用します。

飛行機を使う場合

以下の町からアクセス可能です。

  • コペンハーゲン(デンマーク)所要時間2時間
  • レイキャビク(アイスランド)1時間
  • エジンバラ(スコットランド)1時間
  • ベルゲン(ノルウェー)1時間

フェロー諸島行きのフライトを運航している航空会社は、アトランティック航空スカンジナビア航空の2社です。

フェリーを使う場合

SMYLIL Lineというフェロー諸島のフェリー運航会社が運営しています。

出発地は、アイスランド及びデンマークです。

いずれの場合も往路復路共に一日一便のみの運行で、料金は往復220€~320€です。

フェロー諸島の気候

海洋性の亜北極気候で、晴れた日よりも曇りの日が多く、風が強いです。

とはいえ、メキシコ湾海流のおかげで冬場も5℃~10℃くらいと、比較的温暖と言えます。

夏場の平均気温12℃程度で、20℃を超える日もあります。

ちなみに、一年間の平均気温は8.8℃です。

フェロー諸島に行く時の持ち物や服装、注意点

フェロー諸島は風が強く肌寒く感じるので、夏場でもウインドブレーカーは必須です。

岩場が多く滑りやすいため、滑り止めのあるトレッキングシューズやブーツを履きましょう。

もしもの時に備えて、ヘッドライトやコンパス、ホイッスルなどもあると安心ですね。

少しでも不安がある人は、地元のガイドさんにお願いすることをおすすめします。

フェロー諸島の電圧は220Vで周波数は50Hz、コンセントプラグは北欧諸国と同じヨーロッパCタイプです。

フェロー諸島のグルメ

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par HiLS DiN MOR (@hils_din_mor) le


フェロー諸島の名物は、干したラム肉です。

スープに入れたり、ライ麦パンに挟んで食べたりします。

ちなみにフェロー諸島には7万頭もの羊が飼育されており、人口よりも羊の方が多いのだとか。

さらに、大自然の中でのびのび育った鮭、アンコウ、サバ、鱈などの魚類や、ウニ、タラバガニ、ムール貝、アサリなどの海の幸も名産品です。

フェロー諸島のイベント

オラフ祭は毎年7月29日にトースハウンで行われる、芸術とスポーツの祭典です。
コンサート、行進、ボート競技、民族舞踊のチェーンダンスなど、かなり盛りだくさんな内容になっています。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Mel et Em ✈🍀 (@mel.et.em) le


島民が身にまとう可愛い民族衣装にも注目です!

北欧の秘境・フェロー諸島 まとめ

  • 自然豊かなフェロー諸島は壮大な景色が広がっている
  • 一年の平均気温は8.8℃で、冬場でも比較的暖かい
  • 干したラム肉や魚介類が名産品
  • コペンハーゲン、レイキャビク、エジンバラ、ベルゲンから飛行機でアクセス可能
  • アイスランドやデンマークからフェリーでアクセスできる
  • 毎年7月29日に「聖オラフ祭」が開催され島が賑やかになる