旅行

市川の大町梨街道のおすすめ農園は?メロン並みの糖度の梨や幻の梨かおりの味の感想も

voyage

過ごしやすい気候、美しい紅葉、風流な虫たちの声、そして美味しい食べ物。花咲く春もいいけれど、私は一年で一番秋が好きです(^^♪今回は、私が今個人的に気になっている秋の味覚「千葉県市川の梨」をこっそりご紹介したいと思います。

市川には梨園だらけの「大町梨街道」がある!

大町梨街道には、こんなにたくさんの梨園があるんです!

引用:大町梨街道

シャリッとした小気味いい歯触りや、口いっぱいに広がる瑞々しい甘さが癖になる梨。秋の味覚を代表する果物ですね。

実は、千葉県は梨の生産量が日本一ということをご存じですか。特に、市川には梨農園が集中しています。

大町梨街道とは、千葉県市川市大町を通る国道464号の一部に名づけられた街道名です。
大町を通る国道464号周辺には梨農家が多く点在し、梨の季節になると店頭での販売も華やかになり、多くの梨購入客で賑わう梨の一大産地として全国でも有名です。

引用:大町梨街道

「大町梨街道」・・・なんて素敵な響きなのでしょう!梨好きには涙がとまらない街道ですね(*´ω`)梨好きならぜひとも一度は訪れたい「聖地」です。

梨園は9時~といったように朝から営業しており、傷などが付いている「訳アリ品」は500円からと格安で売られているので、すぐに売り切れてしまうそうです。自宅用に美味しい梨を安く手に入れたいなら、朝一で行くことをおすすめします。

一口に梨といっても品種によって旬の時期が異なるので、お目当ての品種があるかどうかチェックしてから行くことをおすすめします。

おすすめ農園は「大新園」

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par Ritsuko (@_r.journal_) le


中でも特に有名な農園は、「大新園」さんです。こちらでは、広大な農園で徹底した管理の元、糖度13度以上のメロンや桃並みに甘~い梨を作っています。

梨狩りはできませんが、丁寧に作られた美味しい梨をその場で購入でき、全国に発送もできます。ウェブサイトはないので、電話やFaxで問合せましょう。

現在取り扱っている品種は「幸水・豊水・あきづき・新高」です。

「大新園」さんの情報

  • 代表者名:小川 敏幸
  • 住所:千葉県市川市大町239
  • TEL:047-337-1716
  • FAX:047-337-1719

その他にも、「大町梨街道」には魅力的な梨園がたくさんあります(*^-^*)

大町梨街道で買える梨の品種は?おすすめは「かおり」!

地元でしか買えない幻の大玉梨「かおり」

 

Voir cette publication sur Instagram

 

Une publication partagée par 梨直売まるた石井園 (@marutaishiien74) le


大町梨街道を訪れたならぜひとも味わってほしいのがこの「かおり」です。正式名称は「平塚16号」といい、新興と幸水を掛け合わせて作出されました。「かおり」という名前の通り、甘く華やかな香りを楽しむことができます。

「かおり」の果実はずっしり大きく、中には何と1kgを超えるものも!大きい果物というと大味なイメージがあるかもしれませんが、酸味が少なく甘さがぎゅっと凝縮されています

「かおり」は栽培が難しく収穫量も少ないため、ほとんど市場に出回りません

収穫時期も9月上旬から中旬までと短いので、とってもレアなフルーツと言えます。

程よい酸味の爽やかな味「幸水(こうすい)」

甘すぎない梨が好みなら、甘さの中にも程よい酸味があるので、幸水がおすすめです。幸水は赤梨ですが、出始めた頃は黄緑がかった褐色のものが多く、シーズンの半ばくらいから褐色の果実が増えます。

他の品種に比べて収穫時期が早く8月から出回りますが、旬は短く9月上旬くらいまでとなります。

糖度高めの奥深い味「豊水(ほうすい)」

赤梨系の品種で、皮は黄金色です。梨らしいシャリシャリした食感を存分に楽しめる瑞々しい果肉は糖度が高めで、爽やかな酸味も感じられます。幸水よりも日持ちするので、贈り物にも最適です。

出回る時期は8月から10月までですが、9月が最盛期です。

甘く柔らかな大玉「新高(にいたか)」

サイズは500g程度とかなり大きめの梨で、1kgを超えるものもあります。柔らかい果肉は果汁が多く、甘みが強めで酸味は弱いです。

新高は9月から11月頃までで出回りますが、出荷の最盛期は10月です。

味のバランスが良く日持ちする「新興(しんこう)」

こちらも大きめサイズの品種で、平均サイズは400gから500g程度です。シャリシャリした食感を楽しめる果肉はとってもジューシーで甘さもちょうど良く、ほんのり酸味も感じられます。

「新興」はかなり日持ちする品種で、きちんと保管すれば一か月近く持ちます。年明けまで出回っているので、冬でも梨を楽しみたい方におすすめです。

下部の方が上部よりすぼんでいる形をしているため、上下反対にして並べた方が傷みにくくなります。

翌春まで楽しめる大きめサイズ「愛宕(あたご)」

愛宕梨は梨の中でもかなり大きな品種で平均1kg、大きいものだと2kgにも達します。梨特有の食感を楽しめる果肉は果汁たっぷりで、甘さと酸味のバランスもちょうど良いです。

愛宕は新興以上に日持ちする梨で、翌春まで市場に質の高い果実が出回ります。

収穫期は11月中旬頃から12月中旬ですが、収穫直後は酸味が強いので追熟の必要があるため、市場に出るのは12月上旬くらいからです。

優しい味の真ん丸梨「あきづき」

秋の月のように真ん丸な梨です。500gほどの大きめの果実は甘みが強く酸味が控えめで、柔らかくきめ細かな果肉をしています。

あきづきの旬は、9月下旬頃から10月くらいまでです。

まとめ

  • 千葉県は梨生産量日本一で市川の大町梨街道に梨農園が集中している
  • 大新園という農園ではメロンや桃並みの糖度の甘い梨を作っている
  • 栽培数の少ない「かおり梨」はとても貴重な品種で、地元でしか買えない
  • 幸水・豊水・新高・新興・愛宕・あきづきなどの品種の梨も買える