旅行

国際線の飛行機の座席はどこがおすすめ?子供連れの場合や脚を伸ばしたい場合は?

voyage

国際線の飛行機に乗る時、どの座席がいいのか迷いませんか。私はフランス在住で年に1回は帰国するのですが、毎回座席選びで迷ってしまいます。

エコノミークラスでもそれなりに高い料金を出して乗っているので、どうせならなるべく快適な座席が良いですよね。

今回は、ベストな国際線の飛行機の座席場所について調べてみました。

前方・真ん中・後方どこがいい?

柴さん

飛行機に乗る時、飛行機のどの場所がおすすめですか。

レトリーバーさん

ゆったり過ごしたいなら、前方がおすすめです。トランジット(乗り換え)がある時も、前方の座席ならすぐに降りられます。

主翼のエンジン音も比較的小さく、人が少ないのでトイレもあまり混みません。さらに、機内食サービスも前方から始まる場合が多いので、好きなメニューを選べる場合が多いと言えます。

ただ、前方はファーストクラスやビジネスクラスで占められているので、値段は高くなってしまいます。

コスパを重視したいなら、エコノミークラスの最前列がおすすめです。前に座席がないので、脚を伸ばせます。ただし、LCCでは追加料金を取られることもあります。

このようにメリットの多い前方の座席は人気で前から順に埋まっていくので、前方を希望する場合は早めに席を確保しましょう。

柴さん

なるほど、前方の座席はのんびり空の旅を楽しめるのですね。では、後方と真ん中とではどっちがいいですか?

レトリーバーさん

乗り物酔いしやすい人は、揺れの少ない真ん中がおすすめです。中間は一番安定している部分なので。ただ、エンジン音は前方に比べるとうるさいです。

後方は座席数が多いので、4人以上のグループで乗る時におすすめです。また、主翼が邪魔をしないので窓から写真が綺麗に撮れます。一般的に後方はあまり人気がないので、オフシーズンなど空いている時期は隣が空席になる場合もあります。後方もエンジン音は強めです。

柴さん

わかりました。「静かにゆったり楽しみたいなら前方」「揺れが少ない方がいいなら中間」「大人数なら後方」ということですね。今回私は「おひとりさま」だし多少の揺れも大丈夫なので、前方の席を探してみたいと思います。アドバイスありがとうございました。

窓側・通路側どっち?

柴さん

さっきはおすすめの位置を教えてもらいましたが、窓側と通路側どちらが良いのでしょうか。

レトリーバーさん

エコノミークラスだったら、僕は断然通路側派ですね。一人旅なら絶対通路側がいい。CAさんも呼びやすいし、トイレにも行きやすいから

柴さん

でも、通路側だったら窓の外が見えないですよね?

レトリーバーさん

国際線の場合は、窓の外は離陸する時と着陸する時しか見えないよ。まあ、窓側は壁にもたれかかることができるのはいいけど、エコノミーの場合、隣の人を乗り越えて用を足しに行くのがネックですよね。

柴さん

確かに。トイレに行きたい時に行けないのはストレスになりそうです。

レトリーバーさん

子供連れの場合は、子供を窓側にして親が通路側っていうのがおすすめです。子供って窓の外見るの好きだし、壁に寄っかかれるし、周囲の人の迷惑になりにくいので。さらに言うと、ギャレーに面した、トイレ付近がいいですね。

非常口前はどう?

柴さん

非常口前って、がらんと広くなっているから、脚を伸ばせそうでいいですね。

レトリーバーさん

確かに脚が伸ばせるのは魅力的ですね。でも、非常口付近は緊急時に乗組員のお手伝いをしなければならないので、英語が話せないとダメなんですよ

柴さん

へえ~、知らなかった!

レトリーバーさん

だから、ある程度健康であることが求められるし、年齢制限もあります。以下は、JALのサイトからの引用です。

国土交通省の通達により2009年4月1日から、お客さまの安全を確保するため、非常口座席には以下のすべての項目を満たすお客さまに限りご着席いただくこととなりました。(2008年7月3日通達発行、2009年4月1日施行)

当該通達に従いまして、非常口座席をご希望されるお客さまには以下の内容の確認をさせていただきます。ご協力をお願いいたします。

  1. 満15歳以上の方(15歳未満の方はご指定いただけません)
  2. ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
  3. 航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することができる方
  4. 脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他のお客さまへ口頭で伝えられる方
  5. 緊急脱出時に同伴者の援助をする必要がない方*緊急脱出の援助を実施することに同意する方

引用:非常口座席を事前予約されるお客さまへのお願い

柴さん

なるほど、勉強になります。

レトリーバーさん

それと、非常口前の席は前列のシートがないので足元に荷物を置けないし、テーブルがシートの肘掛け部分に付属しているタイプのものだから通常より小さめという短所もあります。

柴さん

うーん、そんなデメリットもあるけど、やっぱり脚をぐいっと伸ばせるのは魅力的ですよね...。

レトリーバーさん

子供同伴でなく英語がある程度できて健康な人は、非常口席は穴場かもしれませんね。

快適な座席を探せるサイト

SEATGURU

英語のサイトですが、使い方は簡単なのでぜひ利用してみましょう。

1.SEATGURUのサイトにアクセスし、Air line name(航空会社名)、Flight#(フライト番号)、搭乗日を入力し、「Find seat map」をクリックします。

2.Aircraft(航空機)の部分をチェックしてから、青線の部分「Browse from 1125 aircraft spanning 151 airlines」をクリック。

3.あなたの利用する航空会社を探してクリックします。

4.2で表示されていたAir craftと同じ機種をクリックします。

5.すると、このように機内のマップが表示されます。

  • :良い席
  • 黄色:注意すべき席
  • :悪い席
  • 黄色:賛否両論の席
柴さん

座席を予約する前に、ぜひ利用してみてくださいね!

国際線の飛行機のおすすめ座席 まとめ

  • 基本的に前方の席が快適なのでおすすめ
  • 中間は揺れが少ないので酔いやすい人におすすめ
  • 後方は席数が多いので3人以上で乗る際に良い
  • 国際線に一人で乗るなら通路側が快適
  • 窓側は壁にもたれることができる
  • 非常口前の席は脚を伸ばせるが、年齢制限や英語が話せることなどの条件がある
  • SEATGURUというサイトを使えば、登場する航空機の良い席・悪い席を調べることができる