語学

ランゲージエクスチェンジでフランス語を磨いた体験談

ランゲージエクスチェンジとは、それぞれ学びたい言語の母語話者同士がお互いの言葉を教え合うことを言います。

インターネットが発達した現在では、日本に居ながらにして世界中の人とコミュニケーションできるので、すぐに言語交換パートナーを見つけることができます。

私は、フランス留学の3か月前にランゲージパートナーを探してフランス語の特訓を行っていました。

今回は、そんな私のランゲージエクスチェンジ体験についてお話したいと思います。言語交換にトライしてみたい人の参考になれば幸いです。

まずは言語交換パートナー探し

ネットでランゲージエクスチェンジ(Language exchange)と検索すれば、パートナーを探せるサイトがたくさん見つかります。私は無料で利用できるサイトにいくつか登録していました。

色々な人からメッセージをもらいましたが、やり取りが途絶えてしまうこともしばしばでした。やっぱり相性の良し悪しはあります。まずは色々な人とやり取りをして、気が合いそうな人を探してみましょう

私は結局、フランスの地方に住むご隠居の方と言語交換することになりました(仮にAさんとします)。Aさんはとても勉強熱心な人で、日本語の他にベトナム語も言語交換で学んでいるとのことでした。

言語交換の方法:メール&無料通話アプリ

私とAさんは、メールと無料通話アプリを利用して言語交換を行っていました。毎日メールを送り合って添削し合い、それから無料通話アプリで30分から1時間くらいお喋りをします。

さらに、それぞれお互いのために日本語とフランス語のボキャブラリーをまとめたリストを作って、レッスンに使っていました。Aさんは私の渡仏前にフランス語の日用品リスト(シャンプー、靴下、ティッシュなど)を作ってくれたのですが、それが結構役に立ちました。

また、小説の抜粋や音読を録音した音源なども送ってくれました。ご隠居さんだったので、時間に余裕があったのでしょう。

言語交換の頻度:ほぼ毎日

フランス留学が間近に迫っていたため、ほぼ毎日通話アプリでAさんと話していました。そんな調子だったので、留学する頃にはフランス語で話すことに抵抗はなくなっていました

一方、Aさんは日本語を学ぶことよりも留学生をサポートすることの方が楽しくなっていたようで、日本語の勉強は挨拶くらいで止まっていました。

私も日本語そのものを教えるというより、日本の文学や歴史など文化的なことをフランス語で説明するレッスンをしていました。そんな調子だったので、私のフランス語力は飛躍的に伸びたように思います。

私がランゲージエクスチェンジで得られたもの

言語交換は無料でできますが、お金を払っていいくらいの価値を得ることができました

  • とにかくたくさんフランス語を話せた
  • ナチュラルスピードに慣れることができた
  • 生活に根差したフランス語を学ぶことができた
  • 自信と度胸がついた

Aさんのように、マメで信頼できる言語交換パートナーが見つけられたのは運が良かったと思います。若い人は何かと忙しいので、比較的時間に余裕のある年配の人はランゲージエクスチェンジの相手に良いかもしれません

ちなみに、現在はAさんと言語交換は行っていませんが、クリスマスの時などたまにメールが届きます。Aさんは今も言語交換パートナーが数人いて、彼らのために忙しい日々を送っているそうです。

フランス語を学ぶなら、耳からフランス語を習得できる、「アンサンブルフランセ」のビデオ講座がおすすめです♪

詳しくはコチラ:フランス語を独学したい人におすすめの学習教材・テキストはコレ!