ライフ

【体験談】フランス人と結婚するための手続きや必要な書類

こんにちは。私は数年前にフランス人と結婚し、現在こちらに住んでいます。

日本で結婚する場合は婚姻届け一枚で済みますが、フランスで結婚するとなるとかなり大変でした

今回は、これからフランス人と結婚する人のために、私の体験談をシェアします。注意すべきポイントも盛り込んだので、ぜひ参考にしてみてください。

その結婚、本当に大丈夫?

いきなり水を差すようで恐縮ですが、フランスでは離婚が日本ほど簡単ではなく、双方に弁護士を立てる必要があり時間とお金が掛かります。

だから、多くのフランス人カップルは数年間の同棲を経てお互いを知り尽くしてから結婚するケースが圧倒的に多いです。(子供が生まれてから籍を入れるカップルもたくさんいます)

外国人である日本人は滞在の問題もあるので数年間同棲するのは難しいですが、結婚する前に長い間共同生活をして、相性を確かめるのも良いと思います。

ちなみに、私も1年同棲してから結婚しました。

まずは書類を揃える

フランスでは、結婚は市庁(Mairie)の管轄です。必要な書類はお住まいの場所の市庁ごとに違うので、必ず確認しましょう。

参考までに、一般的に必要な書類は以下の通りです。

  • 身分証明書 (pièce d'identité)
  • 住居証明書 (justificatif de domicile)
  • 証人 (témoins)の情報(身分証明書も)
  • 出生証明書 (acte de naissance)
  • 外国人の場合、パスポートなど国籍を示す書類

「出生証明書」とは?

我々日本人には馴染みのない「出生証明書」ですが、結婚や滞在許可の申請時など、フランスの役所で必ず求められます。日本人が出生証明書をゲットする方法は、以下の通りです。

  1. 戸籍のある役所で戸籍謄本または抄本を発行してもらう
  2. 戸籍謄本をフランスで翻訳してもらう

ちょっと面倒くさいですよね…。しかも、「6か月以内に発行されたもの」という制限がつくので、最新のものを用意する必要があります。私は日本に住んでいる母親に送ってもらいました。

さらに、戸籍を翻訳してもらう際も注意が必要です。戸籍謄本の翻訳は在仏日本大使館でも行っていますが、フランス政府が認める法定翻訳家(Traduction certifiée)が翻訳した書類でないと受け取ってもらえない場合もあります。翻訳を依頼する前に、法定翻訳が必要かどうか事前にしっかり確認しましょう。

私の時は、戸籍謄本の翻訳をパリの日本人の法定翻訳家にお願いしました。80ユーロと、それなりの値段でした(^^;

証人は何人必要?

証人は最低で二人必要で(夫婦それぞれの証人)、最大四人までお願いすることができます。結婚式当日は証人の参加が必須なので、式の日取りを決める際は証人さんたちの都合も考慮しましょう

ちなみに、私は一度証人を務めたことがあります。当日は式に出席してサインをするだけの簡単なおつとめです。

書類を市庁に提出し式の日時を決める

書類が揃ったら、市庁に提出しましょう。式の日時は他の結婚式と被ってしまうとダメなので、いくつか候補を出しておきます。

私達の地区の市庁は割と空いているので、あまり待たされることなくすぐに済みました。

婚前契約書を作る

これは必須ではないのですが、フランスでは婚前契約書を作成する人が多いです。これから結婚するのに離婚した時のことを考えなければいけないのは気が重いですが、財産分与のこと等について私たちも婚前契約書を作りました。

書類を作成したら、公証人(notaire)のところへ行きます。あなたにとって不利にならないよう、契約書の内容をきちんと確認してからサインしましょう。

日本大使館にも婚姻届けを

フランスで結婚したら、後で日本大使館にも婚姻届けを提出しましょう。必要な書類は、大使館のホームページで確認してくださいませ。提出した後は、戸籍のある役所できちんと婚姻の事実が反映されているかどうか確認します。私の場合は、日本にいる母親に確認してもらいました。

素敵な結婚生活を!

結婚はゴールではなくスタートだとよく言われますが、煩雑な手続きが終わった後はゴールした時のような解放感に浸ってしまいました(^^; 一つ一つ確実にこなし、幸せな結婚生活へとつなげていきましょう。