留学・ワーホリ

【ワーホリ@フランス】仕事探しから就業開始まで完全ガイド

私は数年前にフランスのワーホリビザを取得して渡仏し、現在は国際結婚して引き続きフランスに住んでいます。

せっかく一年間の労働が許されたワーホリビザを取得したら、ぜひフランスで働いてみましょう。今回は、ワーホリで渡仏してからお仕事を始めるまでの流れをご紹介します。

仕事を探す

まずは仕事探しをしましょう。渡仏前に仕事の目星をつけておく人もいるようですが、私は渡仏してから仕事を見つけました。

ちなみに、フランスには日本のような「アルバイト」という雇用形態は存在しません。フランスの雇用形態は、無期限で雇用されるCDIと、期限付きの雇用のCDDに大きく分けられます。どんな雇用形態であれ雇用主は年金や失業保険など社会保険料を納めなければいけないので、求人は日本よりも少ないと言えます。

ワーホリで働くなら、日本人であることが武器になる在仏日本人向けの求人がおすすめです。以下、日本人向けの求人が載っている情報サイトをリストアップしました。

  • OVNI(日本語)
  • ジモモパリ(日本語)
  • フランスニュースダイジェスト(日本語)
  • MixB(日本語)
  • Facebook パリお仕事情報(日本語)
  • ZOOM JAPON(フランス語)

応募する

気になる求人があったら、積極的にコンタクトを取りましょう。ちなみに、特に求人が出ていなくても働いてみたい店や企業があったら自分から問い合わせるのがフランス流です。

採用担当者が日本人の場合は日本語の履歴書でOKですが、フランス語や英語の履歴書を求められることもあります。フランスでは日本のような決まった履歴書のフォーマットはなく、各自でCVやLettre de motivation(志望動機書)作成します。ざっと説明すると、CVには自分の学歴や職歴、特技・趣味などを記し、Lettre de motivationには志望動機を書きます。フランス人の夫曰く、現在は手書きの履歴書にこだわる人は皆無らしいので、安心してパソコンで作成しましょう。

履歴書の書き方については「【印象アップのコツ教えます】フランスの履歴書の書き方

面接に行く

日本と同様、心証を良くするためにも面接の際は時間厳守しましょう。面接に臨む時の服装は、きちんとした印象の格好なら問題ありません(私の場合、念のためスーツを着て行きました)。フランスの公共交通機関は遅延も多いので、早めに家を出ることをおすすめします。

労働契約書にサインをする

日本ではアルバイト程度なら労働契約書を作成しない場合も多いですが、フランスは基本的に契約社会です。

試用期間、就業時間、給与、休暇、解雇についてなど、就業に関することが事細かくすべて労働契約書に書いてあるので、「そんなの聞いてないよ」と後で困らないように、しっかり熟読した上でサインをしましょう

少しでも疑問に思ったり不安を感じたりしたら、その場で人事担当者に尋ねて疑問を解消しましょう。どうも怪しいと思ったら、サインせず別の仕事を探すのもありです。

また、ワーホリで働く場合、以前は労働局に出向いて一時労働許可証の申請をしなければいけませんでしたが、2017年以降はその必要はなくなったそうです。

ちなみに、私がワーホリに来た時(2013年)は、一時労働許可証のためにあまり治安の良くない場所まではるばる足を運びました。

楽しく働いてワーホリライフをエンジョイしよう

海外で働いた経験は、きっとあなたのこれからの人生にプラスとなるでしょう。フランスでは日本人は移民という立場なので色々ややこしいことも多いですが、一つ一つクリアしていけばきっと大丈夫です。

この記事がこれからワーホリへ行く人のお役に立てば幸いです。